寒さに負けない「 観葉植物の冬越し 」
寒さに強い人気植物とお手入れ方法

冬の室内で観葉植物を育てるコツ

 

観葉植物は暖かい土地が原産にあることが多く、基本的に「寒さに弱い」植物がほとんどです。

室内の中で上手に冬越しをさせてあげることが重要になります。

 

 

 

tetiana-shyshkina-yL9ruXs5I9c-unsplash_R

01.

乾燥対策

冬になれば、暖房をつける時間が長くなります。人間も加湿器をたいて喉や肌が乾燥をしないように対策をしますよね?

植物も同様に水分の蒸発を防ぐ必要があります。

以下の点を注意してください。

 

・暖房の風が直接当たらない場所に移動する

・湿度が極端に下がらないように加湿器をたく

rafael-leao-aAbc_C7PH4Y-unsplash

02.

水あげ

湿度が落ちて、乾燥がちになる冬の時期の室内は土の水分の蒸発も速くなる傾向がありますが、冬の時期は「休眠期」に入る植物もいるので、頻繁にお水を与える必要はありません。

冬の水あげは以下のポイントを押さえてあげると良いです

 

・土が乾いてから2~3日後にお水をあげる

・葉の表面も乾燥しがちになるので、霧吹きなどで「葉水」をしてあげる

jaimie-phillips-KamSS2euCzA-unsplash_R

03.

置き場

外気温が低くなる時期は「窓辺」の温度に注意が必要です。

昼間は日光が入る場所は暖かく、光合成もできよいのですが、朝晩は冷え込み著しく温度が下がってしまう事があるので注意が必要です

 

・温度が下がる時間帯の植物の置き場所を変えてあげる

・耐寒性がある植物でも、日光が必要な場合が多いのでお天気の良い日はなるべく日当たりの良い場所に移動してあげる

spacejoy-9xoQJ-3-HGs-unsplash_R

寒さに強い観葉植物

 

「24時間暖房はつけておけない・・・けど、部屋に植物は置いておきたい」を叶えてくれる

 

冬の寒さにも負けない「耐寒性」の強いおすすめの観葉植物をご紹介します。

 

john-price-UdgvzNom0Xs-unsplash_R

01.

トックリラン

科名:キジカクシ科

属名:トックリラン属

原産地:北アメリカ南西部~中米

 

【特徴】

耐寒温度1℃程度

トックリランは別名「ポニーテール」の名前で流通しており、葉が長くポニーテールの様になっています。 幹は徳利(とっくり)状をしていて、乾燥に耐える為に水を貯めています。 耐寒性・耐暑性に優れ育てやすい植物です。

トックリラン

02.

アイビー

科名:ウコギ科

属名:キズタ属

原産地:北アフリカ、ヨーロッパ、アジア

 

【特徴】

耐寒温度0℃程度

アイビーはツル性植物で、「ヘデラ」の名前でも流通しています。葉の模様が様々あり、白い斑が入っているもの明るいグリーンのマーブル模様の葉などがあります。アイビーは性質も非常に強健で屋外で難なく越冬することができます。 また、成長速度も速く水耕栽培で育てることもできるので、室内で花瓶にいれて楽しむこともできます。

アイビー

03.

オリズルラン

 

科名:キジカクシ科

属名:オリズルラン属

原産地:アフリカ、インドを中心とした熱帯地域

 

【特徴】

耐寒温度3℃程度

オリヅルランはランナー(匍匐茎)につく子株がオリヅルの様に見えることが名前の由来といわれています。 春から秋にかけて白い花を咲かせます。 耐寒性があるため関東以南の暖かい地域であれば屋外越冬することが可能です。 また、根茎が生きていれば地上部が枯れても生長期になると芽を出します。

オリズルラン

04.

ストレリチア・レギネ

科名:ゴクラクチョウ科

属名:ゴクラクチョウ属

原産地:北アフリカ

 

【特徴】

耐寒温度3℃程度

ストレリチアは極楽鳥花(ゴクラクチョウカ)ともよばれています。 オレンジ色の鳥の頭の様な花を咲かせる特徴があります。 葉は厚く長細く、株立ちになります。見た目はトロピカルなイメージですが、 耐寒性に優れ、乾燥にも強い植物です。

ストレリチアレギネ

05.

シュロチク

科目:ヤシ科

属名:ラピス属

原産国:中国南部

 

【特徴】

耐寒温度3℃程度

耐寒性や耐陰性にも強く、育てやすく丈夫な観葉植物です。 常緑で四季を通じて緑の葉を楽しむことができます。ヤシ科ではありますが、細い葉が竹に似ており、漢字では「棕櫚竹」と書きます。

シュロチク (2)

06.

シェフレラ

科名:ウコギ科

属名:シェフレラ属

原産地:中国南部・台湾

 

【特徴】

耐寒温度3℃程度

ひとつの枝から10枚ほどの小さな葉が付き、手を開いた時の様な形が特徴的です。

カポックという名でも日本国内で流通していますが、厳密にいうとカポックはアオイ科になるので、分類上は別の植物となるようです。

熱帯アジアからオセアニアにかけて分布し、数百種類あります。  耐寒性・耐陰性にとても優れ、非常に丈夫なので、育てやすい植物です。

IMG_4424_R

07.

クワズイモ

科目:サトイモ科

属名:アロカシア属

原産国:中国、台湾、東南アジア、インド、日本

 

【特徴】

耐寒温度5℃程度

傘のような大きな艶やかな葉と地上部で膨らむ根茎が魅力的な観葉植物です。 暖かい季節はできるだけ屋外の日当たりの良い場所を好みます。葉焼けする場合はレース越しの窓際に置くと良いでしょう。 耐寒性もあるので、温暖な地域であれば屋外越冬が可能ですが、基本的に冬越しは暖かい室内で行ってください。

クワズイモ②_R

08.

モンステラ

科名:サトイモ科

属名:モンステラ属

原産地:熱帯アメリカ

 

【特徴】

耐寒温度5℃程度

最もポピュラーな観葉植物といっても過言ではないモンステラは切れ目の入った大きなハート形の葉です。茎から足の様な気根(きこん)がでて独特な形に成長するのもモンステラの特徴のひとつです.

耐陰性が強いので室内で育てるには最適です。

モンステラ

09.

フィロデンドロン・セローム

科名:サトイモ科

属名:フィロデンドロン属

原産地:南ブラジル

 

【特徴】

耐寒温度5℃程度

切れ込みが入った大きい葉と突起の生えた幹が特徴の観葉植物です。幹の途中から気根を出す場合があります。 耐暑性は強い方なので、暖かい季節はできるだけ屋外の日当たりの良い場所を好みます。フィロデンドロンは種類も多いため、耐寒性は弱い種類もあるので、注意が必要です。

室内に置く場合はエアコンの風が当たらない風通しと日当たりの良い場所に置きましょう。

セローム2_R

10.

ユッカ・エレファンティペス

科名:リュウゼツラン科

属名:イトラン属

原産地:中央アメリカ

 

【特徴】

耐寒温度3℃程度 ユッカ・エレファンティペスは和名では「青年の木」として日本では有名です。
耐寒性・耐暑性とも強くまた、乾燥にも比較的強いので育てやすい植物です。
濃い色の長い葉で象の脚の様な幹が特徴になります。
日光が好きなので、なるべく日当たりの良い場所に置いてあげると良いです。

ユッカ・エレファンティペス

基本メンテナンス

01.

水やり

土の状態を確認して、土が乾いていればお水やりのタイミングです。

大切にお世話をしたい気持ちから毎日与えてしまいたくなるのですが、水の与えすぎは根腐れを起こし枯れの原因となりますので、土が湿っていればお水は必要ありません。

土の表面は白っぽくなってきたら、鉢底からお水が出るくらい与えてください。

※受け皿に溜まった水は腐りの原因になるので、捨てましょう。

病害虫予防の為、葉を乾燥させない事も大切なので、毎日霧吹き等で葉水を与えるのもよいでしょう。

person-gets-ready-to-water-a-small-potted-plant_R

02.

温度管理・換気

観葉植物は暖かい地方の原産であることが多いので、寒さには弱いです。

特に冬場は10℃以下になってしまうと枯れてしまう可能性が高くなります。

夏場は室内が蒸れて熱くなりすぎてしまう事があるので、窓をあけたり、扇風機を回したりと室内の空気を循環させてあげましょう。

得に梅雨の時期はカビが発生する可能性が高くなるので、換気には注意が必要です。

※エアコンの風が直接当たるところへの設置は過度の乾燥を受ける可能性があるので避けましょう。

rooftops-as-seen-through-a-window_R

03.

日照管理

観葉植物は日光を必要とし、明るい場所を好みます。

しかし、直射日光が当たると「葉焼け」と言って葉が茶色く痛む可能性があるので、レース越しの窓際位の照度が丁度よいとされています。

どうしても窓からの光が取り込めない場合はLEDライトを日中は当てられるように設置する事をおすすめします。

窓はあるけど、近くには置けない場合は日陰でも育つ「耐陰性」が強い観葉植物を置くのも良いでしょう。

white-doors-and-curtains-let-in-light-for-houseplants_R

~ レンタル・メンテナンス ~

 

やはり、植物を育てることはなかなかうまくいかない事がありますよね?

そんな時は、プロに任せてしまう選択肢もあります。

 

株式会社メグラスでは植物のサブスク・メンテナンスサービスを行っております。「オフィスの植物に置きたいけど、管理が大変…。」「自宅に素敵な植物を置きたい」

すべての植物好きの方は是非お気軽にご相談ください。

 

 

グリーン用

~ megrass ~

 

 

 

私たち株式会社メグラスは植物業界で長年経験を積み、専門性を高めてきた一流のGreenerが集う少数精鋭の会社です。

 

そんな私たちだからこそできる「常に進化する空間デザインを」というコンセプトで、本質的なサービスを提供し、業界の新しい基準をつくりあげます。

 

植物や装飾についてお困りの際はお気軽にご相談ください。

 

 

 

最終ロゴ
  • Instagram
  • HomePage
お気軽にお電話でご連絡ください
03-5544-8636 03-5544-8636
10:00~18:00
Company

青山の洗練された街を拠点にお客様のご要望にお応えする空間デザインと植栽のメンテナンス

概要

会社名 株式会社メグラス
住所 〒107-0062
東京都港区南青山4丁目13-9
クレセントヒルズ 1F
Google MAPで確認する
電話番号 03-5544-8636
ホームページ https://megrass.co.jp/
営業時間 10:00~18:00
定休日 日,土,祝

アクセス

視界の中に広がる緑豊かな空間を奏でる演出を得意としており、そこに訪れた方に安らぎと癒しを与える植物を様々に取り扱っております。表参道や青山に程近い場所を拠点として、一都三県を中心に全国でのご相談を承っております。ランニングコストのご相談やお見積りなども無料でお受けします。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事